0868-72-1523

季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
2016.11.20  イベント情報

15000221_1269611599772332_4904338252004617149_o

「現代アート in 津山の城」!昨日に引き続き文化センターの展示をご紹介いたします!
展示会場に足を踏み入れると、まず待ち受けているのは太田三郎さんの作品。
ぐるっとまわる廊下に面したガラスに貼られているのは、154枚の写真!
画像では分かりにくいですが、写真にはそれぞれ俳句が記されています。
これは津山出身の詩人西東三鬼のもの。
彼の俳句に合わせて、太田三郎さんが日々撮影された写真を添えられています。

 

15039669_1269611656438993_287282546844230654_o

通路から建物内部に入ると、次に展示してあるのは下道基行さんの作品「漂泊之碑」。
映像と漂着ガラス、それを置くテーブルによる空間演出が行われています。
これは沖縄の島々を旅しながら制作を進められているプロジェクト作品。
尚、下道さんは岡山市で開催中の岡山芸術交流でも作品を展示中です。

 

15016406_1269611779772314_4746993012751282405_o

そして、一番奥に展示されいるのは津山市在住のアーティスト・井手豊さんの作品。
津山近隣の自然の中に潜む美しい光景達と、
2011年に閉鎖された鶴山動物園の2つの動画作品となります。
最新鋭のデジタル機材で撮影された自然、そこに生きる虫たちの鮮明な画像と
8mmカメラでスナップされた動物園のノスタルジックな絵は対照的で、
その光景はずっと眺めていたくなります。

 

14991343_1269611399772352_836033371197486612_o

いよいよ23日(水)までとなった「現代アート in 津山の城」。
展示会場には、この度紹介した以外にも作品が並んでいます。
是非、この機会に足をお運びください。
(最後の画像は入江早耶さんの牛ソープです。)

 

第14回おかやま県民文化祭地域フェスティバル
「文化がまちに出る!プロジェクト in 津山」
現代アート in 津山の城
期間:11月12日(土)〜23日(水・祝)
会場:「津山城跡(鶴山公園)」
午前8時40分〜午後9時(最終入園8時30分)
入場料300円
「津山文化センター」
午前9時〜午後5時(木曜休館)
入場料無料
出品アーティスト:井手豊、入江早耶、太田三郎、北川太郎、
下道基行、高松明日香、松岡徹
詳細情報:http://tabiart16.e-tsuyama.com/

2016.11.19  イベント情報

15110252_1269611093105716_4553481037155972209_o

現代アート in 津山の城を見てきました!
湯郷温泉からお車で約30分、桜の名所鶴山公園にて開催中のアートイベントです。
会場には津山市在住の美術家・太田三郎さんをはじめ、岡山に縁のある
現代美術家の作品が沢山展示されていました。
順を追ってその様子をご紹介いたします。

 

15068894_1269611139772378_333361501409193098_o

展示場所となる公園の最上部、まず目に入って来るのは、
藤棚に展示をされている高松明日香さんの絵画。
時代劇からのワンシーンをモチーフに、美しい女性達の姿が描かれています。
この藤棚は、津山城でいう「大奥があった場所」という事で
今回の様な演出になったとの事。成程!と納得です。

 

14991075_1269611379772354_7890969062049024463_o

続いて発見したのがコチラ。
「・・・なんだか大きなタイヤが置かれているな。」と思ったら。アート作品でした!
タイヤの表面には、何やら恐竜らしきものが彫られています!
その昔、津山は海に覆われていたそうで、
河原という地区では巻貝やカバの様な動物の化石も発掘されています。
そんな太古の動物達の姿が、化石燃料を原料としたタイヤに掘り起こされる・・・。
何とも興味深いですね!
入江早耶さんの作品です。

 

 

15110492_1269611213105704_3530149401959977274_o

物見櫓(やぐら)の前にはこんな人の顔が置かれていました。
実はこれ、津山城の城主である森忠政をモチーフに作られた被り物(!)
松岡徹さんの作品です。
これを被れば、お殿様の気分になって櫓から街を見下ろせます!
(実際は視界が狭くなり危険ですので、お控えください。)

 

 

15000854_1269611563105669_3994310943757660388_o

そして、こちらは石垣に囲まれたスペースに置かれた北川太郎さんの石の彫刻。
側らの作品説明には、
「強い石垣が残る空間に、大理石で制作された異質な要素を取り入れることにより、
空間の魅力が強調されるものと考えている」とのコメントが。
確かに、この作品があるだけで周りの空気感がピンと張りつめ、静寂さをも感じとれます。
物質の存在感というものは凄いですね~。

 

15039521_1269611326439026_4136705427599539709_o-1

さらにさらに、色んな作品が展示されている「現代アート in 津山の城」。
隣接する津山文化センターも展示会場となっております。
会期は11/23(水)まで!是非、お近くに起こしの際は足をお運びくださいませ☆

 

 

第14回おかやま県民文化祭地域フェスティバル
「文化がまちに出る!プロジェクト in 津山」
現代アート in 津山の城
期間:11月12日(土)〜23日(水・祝)
会場:「津山城跡(鶴山公園)」
午前8時40分〜午後9時(最終入園8時30分)
入場料300円
「津山文化センター」
午前9時〜午後5時(木曜休館)
入場料無料
出品アーティスト:井手豊、入江早耶、太田三郎、北川太郎、
下道基行、高松明日香、松岡徹
詳細情報:http://tabiart16.e-tsuyama.com/

 

2016.11.12  お知らせ

2016_11_06

11月12日、今朝は見事な雲海が発生しました!
湯郷温泉は只今雲海のベストシーズン☆
早朝グッと冷え込んでいいお天気になれば・・・
この様な眺めをお楽しみいただけます!

 

2016_11_06-2

大山展望台からの雲海は今シーズンもたくさんの方にご覧いただいております。
季譜の里では宿泊の方限定で雲海バスを運行中☆11月末までです。
6:45ロビー集合、予約制にて承っております。
是非、この機会にお楽しみくださいませ!

 

※雲海は自然発生現象です。天候状況によっては
ご覧いただけない場合もございますので、予めご了承くださいませ。

 

2016.11.08  コラム

1_dsc1028

先日は冬料理の試食勉強会を行いました!
お料理が変わる毎シーズンにスタッフで行うのですが、
今回は蟹がメインの冬料理!
それぞれの料理の注意事項やポイントを押さえながら、
和やかな雰囲気の中で進められました。

 

2_dsc1021

ひとつひとつ献立で料理と食材を確認しながら盛り付け、味をチェックします。
こちらは冬の会席コースの前菜。

 

3_dsc1020

試食勉強会の進行を進めるのは若き料理長・西本です。
先代から長を引き継いで早2年目。
季譜の里の味を守りながら、毎時シーズン新たな試みにも挑戦しています。

 

4_dsc1039

「おいしそうな香りが・・・」と思ったら、
冬の『旬彩会席』の定番、和牛ロースの溶岩石ステーキが焼かれはじめました!
火の通し加減もお好みで、ご本人で焼いてお召し上がりいただけます。

 

5_dsc1047

お料理出しは専門のスタッフが携わりますが、フロントスタッフも細かく出し方を教わります。
どういった料理をどういった方法で提供するのか。
どうすればおいしく召し上がっていただけるのか。
お料理でのおもてなしの知識を共有いたします。

 

6_dsc1022

そして、蟹!
季譜の里では、ずわい蟹を炭火焼きでお召し上がりいただきます。
頃合いの焼き加減、上手な殻の向き方など、
是非お食事処でスタッフのお尋ねください。

 

7_dsc1041

若いスタッフにはベテランのスタッフが付き、
会話をしながらお料理出しにまつわる様々なお話を。
季譜の里の伝統を少しずつ若い世代へと伝える大切な時間です。

 

8_dsc1055

キレイに殻が向けた蟹に「やった!」という表情がでました!(笑)
季譜の里の冬料理は2月15日まで。
今シーズンも冬の味覚を存分にお楽しみくださいませ!

季譜の里のプラン一覧・ご予約はコチラ
https://www.kifunosato.com/plan

 

2016.11.01  季譜の里だより

1

10月もたくさんの方に足をお運びいただきました。
例年よりも暖かかった一ヶ月。秋らしさは少し希薄でしたが、
日中は過ごし易い日が続きました。
写真でこの10月を振り返りたいと思います。

 

 

2

初旬は台風の心配から始まりました。
九州から西日本にかけて、縦断するルートが予想されていた為、
大荒れの天気を覚悟しておりましたが、湯郷温泉は少し強い風が吹くのに止まりました。
台風が過ぎた夜は静かで、スタッフ一同ほっと胸を撫でおろしていました。

 

 

3

週末の連休は好天に恵まれ、足をお運びいただいた皆様には
気持ちの良い休日をお過ごしいただけた事とお察しします。
チェックイン、アウト時は畳敷きのロビーも賑わいを見せていました。

 

 

4

こちらはお部屋の点検中に目に入ったお花。
館内の生け花は私達スタッフにも安らぎを与えてくれています。

 

 

4-3dsc_1315

10月も半ばを過ぎると少し朝晩は冷え込む様になりました。
そうなってくると日中の陽が恋しくなってきます。
窓から入り込む光にも思わず目がいきました。

 

 

6

中庭の木々も少しずつ秋を感じる装いに。
本格的な秋の訪れはもうすぐです!

 

 

14681084_1453048968043980_1950575115723443752_o

そして、月の後半は21日に発生しました鳥取県中部地震。
震源近くの倉吉市、湯梨浜町、北栄町では震度6弱を記録し、
湯郷温泉でも震度4の揺れとなりました。

余震など不安な夜を過ごしましたが、一夜明けてご滞在の皆様には
無事にご出発いただく事が出来ました。

改めまして、被災された皆様には心からお見舞い申し上げると共に、
一日でも早い復興をお祈りいたします。

 

 

9

さて、11月からはいよいよ湯郷の雲海も本格的なシーズンに入ります!
先日27日も写真の様な見事な眺めをお楽しみいただけました。
今月も引き続き雲海バスにてご案内いたします。
皆様のお越しを心よりお待ちしております☆