季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ
スタッフブログ
2018.05.23  季譜の里だより

寒暖の差がある日が続く今日この頃。皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。湯郷温泉も随分と湿度が高くなり、蒸し暑い日も多くなって参りました。さて、この度は4月の季譜の里の振り返り。たくさんの写真でご案内させていただきます。

 

4月頭は桜が満開〜と、たくさんの桜をご紹介したかったのですが、今年の桜は随分と早く3月の末で満開に。湯郷近隣も鑑賞スポットも同様で一気に見頃を迎えました。そして、4月の始め頃から早々と散り始め…。なんだか随分と短い期間だったような気がします。しかし、見頃の気候は抜群に良く、晴れも続いたので麗らかな日和の中桜鑑賞を楽しめました。湯郷から少し南に行けば、ソメイヨシノと一緒に山桜や桃の花も満開で、普段は拝見できないような花々の共演を楽しめた気がします。写真は湯郷温泉、薬師堂の桜です。

 

一方季譜の里の館内では、お花の黒田先生が湯郷よりも少し寒い山々から桜の枝を持って来てくださり、4月の半ば近くまでその可憐な花弁をお楽しみいただけました。春は館内の生け花も一番華やかな彩りを見せてくれるジーズン。また、春の花々も季節の花ギャラリーでご紹介させていただきます。

 

また、施設の方では4月1日から新スイートルーム『野路菊(のじぎく)』『都わすれ』の2室を禁煙室としてご提供開始いたしました。どちらも源泉のみで温泉浴を楽しみいただける室内温泉を設けたお部屋です(スイートルーム檜扇は源泉露天風呂)。禁煙ご希望の方は、是非ご利用いただければ幸いです。他の客室に関しましては、専用の脱臭機を設け、念入りが消臭対応をいたしております。タバコ臭などはほぼ残りませんので、こちらも合わせてお申し付けくださいませ。上の写真は『スイートルーム野路菊(のじぎく)』。南側からたっぷり陽が入り込んでくる明るいお部屋です。

 

こちらは『スイートルーム都わすれ』。シックで落ち着いた季譜の里の隠れ家的な客室です。

季譜の里の客室一覧はこちら

 

毎月半ばにお送りしている『季譜の里通信』では、大阪は西区土佐堀にオープンした『うず潮』のご紹介をさせていただきました。季譜の里の飲食店・第2号店となります。「大阪からは出たことありません!」という店長・覺前(かくまえ)がとびきりの笑顔でお出迎えいたします!

 

お料理の内容は、木津市場の厳選された魚介だけを扱った炉端焼きを中心に、旬菜旬魚の和食料理でおもてなししております。ランチタイムは『うず潮名物・海鮮丼』の他、日替わり定食もご用意。関西圏の皆様、そして他のエリアの皆様も、大阪方面に足を運ばれた際は是非お立ち寄りくださいませ。地下鉄四ツ橋線・肥後橋駅より徒歩5分です☆ 1号店『ぐるり』 共々よろしくお願いいたします!

 

同じく、4月半ばからは朝食の器も夏期の装いに模様替え。料理長おすすめの『定番和朝食』は涼やかなガラスプレートでお出ししております☆ 定番和朝食、薬膳肉味噌朝食、洋朝食と3つの中から選べるようになった季譜の里の朝ごはん!ご来館の際は、是非お楽しみくださいませ。

 

端午の節句、花菖蒲の時期を演出した春料理も5月末まで。6月からはいよいよ夏料理のスタート!そして湯郷はホタルのシーズンに突入です!スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

2018.05.07  コラム

ゴールデンウィークも明け、山々の緑も深まりを見せる湯郷温泉。館内や庭園の雰囲気も随分と変わって参りました。この度は、館内76箇所を彩る花々から少し、その様子をご紹介させていただきます。

 

まずはロビー、フロント前の生け花。毎回大きな枝が驚きを与えてくれる大作です。4月はじめまでの麗らかな花々が彩る様子とは一変し、爽やかな緑一色が目を引く佇まいになりました。枝は近隣の山々から、ヤマツツジ、姫榊(ひさかき)、杉、アセブなどが活けられています。

 

こちらは女性大浴場前の生け花です。この時期にたくさん見かける小手毬(こでまり)の白い花が目を引きます。日中は中庭から入り込んでくる陽に照らされ、自然光のライトアップを浴びる様をお楽しみいただけます。

 

近づけば、後ろにはそっと伸びる菖蒲(あやめ)の花が一輪。観る角度で様々な発見があるのが、黒田先生のお花の良い所だと感じさせられます。

 

ロビーから奥を見た時に目に入る込んでくる生け花です。10年かけて集められた古木の数々に、杉、ナツハゼ、小手毬が添えられています。「朽ちた木々が生け花になる事により、再び生を受ける様な自然のエネルギーを感じてもらいたい。」そんな黒田先生の思いが込められたお花です。

 

この春は、そのお花の前に備前焼の花器を置いてこんな演出も。毎回少しずつ移り変わるその様子は、私たちスタッフも楽しみにしています。

 

これから初夏にかけては、緑深まる枝葉が印象的な生け花をご覧いただけます。ご来館の際は、館内を散策しながらごゆっくりとお楽しみいただければ幸いです。

 

※季節の花ギャラリーでは、季節毎のお花もたくさんご紹介しております。
>こちら

 

2018.04.29  季譜の里だより

4月も末日。G.W真っ只中ですね!如何お過ごしでしょうか。ここ最近月末にアップするのが恒例となった「季譜の里だより」。この度も、約一ヶ月前の3月を写真で振り返りたいと思います。

3月といえば!女子旅を応援するプランをドドンと発表&ご案内いたしました!お一人様で露天風呂付客室をお得にご利用いただける『女性一人旅☆露天風呂付客室1名利用22000円プラン(平日限定)』です!通常はスタンダードな和室でも1名様利用は24260円(税別)。露天風呂付客室は2名様以上からしかご提供しておりませんでしたので、「お得に泊まれる!」とご好評いただいております☆

 

加えまして、合わせてご紹介したもう一つのお得な一人旅プラン。『女性一人旅☆贅zeiの御膳で露天風呂付客室1名利用27000円プラン(平日限定)』では、こちらも通常二名様からしかお出ししていない贅zeiの御膳をお一人様で贅沢に!…つまり、伊勢海老を丸々一尾独り占めしていただけます!平日の季譜の里は流れる時間も緩やかで、のんびりお過ごしいただける事と存じます。是非、ご利用くださいませ☆

 

3月12日、13日は館内メンテナンス、スタッフ研修の為休館日を頂戴いたしました。ここ最近、約三ヶ月毎にいただいております休館日。今では施設管理の見直しと、おもてなしの改善・向上の為の大切な時間となっております。貴重な時間をいただきありがとうございます。次回の休館日は5月15日、16日。また、スタッフ研修の様子などもご紹介出来る機会があればと思っております。よろしくお願いいたします!

 

3月17日は湯郷温泉で始まったおひな祭りもご案内いたしました!季譜の里ではロビーでの演出も行いましたが、ご滞在の皆様に向けて館内各所で生け花に合わせた雛飾りも開催☆ こちらは2階エレベーター前のスペースの演出です。

 

こちらは4階の生け花との演出。いつもにも増して賑やかなお雛祭りとなりました!

 

そして!3月後半は女子旅応援の追加プラン!『女子旅がお得☆一泊一食プラン(三名様以上のご利用で一人16000円)』のご案内もいたしました。「せっかくの温泉旅行、朝食はいらないから朝はゆっくり部屋で過ごしたい。」という方の為にご用意しいたしましたが、お陰様でこちらもご好評いただいております☆ 四名様、五名様一室のご利用だと更に割安にもなります☆ どうぞ、引き続きよろしくお願いいたします!

 

冬〜新春の季節の花ギャラリーも更新を行いました。今年は花の開きが早く、続く寒さとは裏腹にいつもより早い春の訪れを感じました。

 

湯郷温泉街の桜も3月末には満開に。例年より1週間早い見頃でした。雨が降らなかったお陰で綺麗な姿を数日拝見出来ましたが、それでもあっという間。近隣の桜のスポット・津山城(鶴山公園)の桜の見頃もあっという間に終わりました。(見頃を逃された方はこちらをどうぞ。

 

さて!お花つながりで申し上げますと、ここ数日では和気町の藤公園の藤が満開を迎え、沢山の人で賑わっています!湯郷は薬師堂の藤もそろそろ見頃(昨年の満開時の様子こちら)!G.W、そして5月も皆様のお越しを心よりお待ちしております☆

 

2018.04.02  スタッフブログ

桜の見頃真っ只中の湯郷温泉!湯郷近隣の桜といえば、津山市の鶴山公園に吉野川沿いの桜並木。毎年見頃にはたくさんの方で賑わっていますが、湯郷温泉街の中にもひっそりと咲く、趣のある桜がございます。今回はそちらを少しご紹介したいと思います。

 

まずはこちら。湯郷温泉街の高台にある湯神社横、薬師堂の桜です。趣のある階段を登るとひょっこり現れるのがこの桜。薬師堂と共にある佇まいも素敵で、ついついずっと眺めていたくなります。周りも開放的なスペースなので、湯神社にお参りをした後にベンチのんびりと過ごすのもおすすめ☆ 湯郷に花見シーズンの到来を知らせてくれる桜です。

 

こちらは湯神社からの帰り道、階段の中腹の傍に佇む桜です。ぐっと斜めに伸びた幹と枝振りも見事で、花が開く前、葉桜の時も見応えがあります。晴れの日は朝〜昼〜夕方と常に陽を浴びる場所にあるので、時間を変えて見にいくのもおすすめです☆ 夕方前の低い光に照らされる逆光風景もフォトジェニックです。

 

そして、こちらは温泉街の中心部にある枝垂れ桜。湯郷の人気のパン屋さん「あいゆうわいえ」の道向かいに咲いています。一般のご家庭のお庭に咲いている桜なのですが、毎年その先ぶりは見事で、夜はライトアップなどもされています。温泉街を歩いていると思わず目を奪われる素敵な桜です。

桜の開花から好天の続く湯郷温泉。各方面からの道中に咲く田園風景の桜もとても綺麗です。どうぞ、気持ちの良い春のお散歩、ドライブをお楽しみくださいませ☆

2018.03.25  季譜の里だより

3月も末日。季譜の里の館内では様々な花が開き、華やかな彩りを見せてくれています。写真はロビーの木蓮(もくれん)。ふわりと開いた花弁がとても愛らしいです。

さてさて、この度は2月のお話。この度もたくさんの写真で振り帰りたいと思います。

 

今年も2月の節分には…鬼が季譜の里にやってきました!毎回コスチュームもグレードアップし、どんどん強そう(!?)になってくる鬼達!しかし、豆を撒くと嫌がり、しっかりお子様も怖がらせた後は記念撮影にも応じてくれるやさしい方々です(笑)。きっとその鬼の面の下には心温かい笑顔が隠れているんでしょうね。今年も大変盛り上がりました。鬼の皆さんありがとうございました。

 

そして同じく2月の初旬には春のお花!…ではなく、この時期には珍しいお花が咲きました。写真のピンク色のお花はヤマツツジ。通常は4月〜6月頃に花をつけるのですが、ロビーの暖房の暖かさからかなんと2月に開花。この枝、実は12月からずっとロビーの生け花で扱っていたものでして、お花担当の黒田先生も「木の生命力はすごいもんじゃなぁ〜」とお話していました。

 

毎年2月から始めるお雛様の演出も、今年は少し違った趣向に。チェックイン時におかけいただく椅子の横にも時並べて、お雛様でお出迎えをいたしました。雛壇に飾る人形もこうやって見ると違う印象を感じます。普段とはちょっと異なる雛の表情をご覧いただけたのではないでしょうか。来年もハッと驚いていただける様な雛飾りを行いたいと思います。どうぞ、楽しみにしてやってください☆

 

2月半ばには春料理のスタートに伴い、恒例の料理試食勉強会を行いました。今回は初めて春料理を体験する若いスタッフも多かったのですが、その熱心な勉強ぶり!にベテランスタッフも良い影響を受け質問飛び交う白熱した勉強となりました!

 

勉強をするのが初めてということは、口にするのも初めてということで、「おいしい〜!」という初々しいリアクションも新鮮でした☆ 今の季譜の里は若いスタッフが頑張っています。どうぞ、温かい目で見守っていただければ幸いです。

 

スタートした春の会席はこちら☆ 写真は一番人気の【旬彩会席 春!】瀬戸の春魚の美作山菜の旬彩焼き会席です。春らしい桜の蒸し饅頭に和牛の溶岩石ステーキ、山菜の天麩羅に穴子飯と春の山海の旬を詰め込んでおもてなししております!

 

メイン料理の旬彩焼きでは、鱸(すずき)の塩麹焼きに若鶏、豆腐とこんにゃくの田楽、そしてその時々の山菜三種を添えてお出ししております。料理長・西本の特製肉味噌をたっぷりと付けてお楽しみください!

 

2月もたくさんの方に足をお運びいただき本当にありがとうございました。引き続き、この春も館内76箇所の花々と共に!皆様のお越しをお待ちしております☆