0868-72-1523

季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ > 季譜の里だより
季譜の里だより
2017.06.12  スタッフブログ

湯郷温泉は梅雨入りもし、里山もすっかり夏を感じる佇まいになりました。
夏の風物詩・大谷川のホタルもたくさん飛び始め、
「今年もこの時期がやってきたなぁ」と思わず嬉しい溜息が漏れてきます(笑)。
今回も写真で5月の出来事を振り返りたいと思います。

5月はじめにご紹介しました、ロビーに展示している小泊良さんのマグカップ。
ご紹介の後、あっという間に売れてしまい、現在は残り1つなりました。
ストックも含めて13個ご用意していたのですが;汗
手にとってくださった皆様、本当にありがとうございます。

沖縄で作陶をされる小泊さんとのご縁が出来て早2年。
思えばその始まりは、岡山で定期的に開催される個展でございました。
ロビーにある無垢の木とのイメージがぴったりで、
お取り扱いをはじめさせていただいた次第です。
そして今年の12月には、その岡山での個展が開催されるとの事。
会場は、岡山市方面から湯郷温泉への道中にあるギャラリー・カフェドグラスとなります。
また、お日にちが近くなりましたらご案内させていただきます。

 

そして、続いてご紹介いたしました、
湯郷の人気のパン屋さん・あいゆうわいえでのライブイベント。
同時開催されてマーケットやワークショップも合わせて大変賑わっていた様子でした。
(当日の会場の様子はコチラ)
イギリスよりミュージシャンが来られての演奏でしたが、
観光で外国からお越しいただく事はあっても、ライブでお越しになるのは
湯郷では初めてだったのではないでしょうか!?
今後も楽しいイベント情報をご案内して参りたいと思います。

 

ゴールデンウィーク終盤には湯神社横、薬師堂前の藤棚が満開になりました。
5月のブログでもその様子を詳細にご紹介いたしましたが、
藤の花の特徴は見た目の美しさだけではなく、なんと言ってもその「香り」。
湯神社への階段を登りきった所でふわりと香る、
そのなんとも言えない甘い誘いは、まさに初夏の訪れを感じさせるもの。
里山の麓にあるので、時期にかかわらず、
湯郷の移ろう四季をお楽しみ頂けるのもこの場所の醍醐味です。
お近くにお越しの際は是非、足をお運びくださいませ。

 

月半ばには、喫茶コーナーでお出ししている
新しい「季譜の里ぶれんど」をご紹介をいたしました。
コーヒー豆は煎られた後もどんどん味と香りが変化して行く生き物。
季譜の里ではその豆が成熟していく事で生まれる香り、
味わい深さを重視し、皆様にご提供しております。
しかしながら今までのブレンドは、時折その香りに強弱のバラツキがあったのも確かです。
新しい季譜の里ぶれんどでは、より安定した香りを追求し、
以前より味わいもマイルドで口当たりの良いものにいたしました。
ロースター曰く、それを一言で表せば「花の都のマイルド感」。
是非、ご来館の際はお楽しみくださいませ☆

 

22日には、大谷川でのホタル発生をお知らせ。
例年通りの発生時期でしたが、今年は夜が冷え込む事も多く、中々数が増えませんでした。
しかしながら、そのお陰でホタルを見られる時期は長くなり、
現在もホタルのスポット・大谷川への鑑賞バスを好評運行中です!

 

ホタルバスは6月15日(木)まで運行予定です。
大谷川のホタルが見頃を終えた後は、少し山手のスポットまでご案内いたします。
そちらは温泉街を少し離れて10分ほどのドライブになるのですが、
山深い場所で見るホタルはまた違った趣があります。
先にも申し上げた通り、今年は気温が例年と違うので、
そちらの発生状況も気になる所です。
ホタルバス運行終盤にご来館の皆様におかれましては、
どうぞ楽しみにしていてください☆

 

そして、月の終わりにご案内した6月からの夏の会席コース!
お陰様でご好評いただいております☆
季譜の里Newsでご紹介した他にも、まだまだ沢山のこだわり情報がございますので、
そちらはまた追ってお知らせいたします。
この夏もどうぞ季譜の里で山海の幸をお楽しみくださいませ。

 

5月もたくさんのご来館ありがとうございました!
引き続き、皆様のお越しをスタッフ一同楽しみにお待ちしております☆
(売店・日下、フロント・松田)

 

2017.05.17  季譜の里だより

新入社員のご紹介から始まった4月。
改めまして、新人の藤嶋、山本、坂田、山田です!
春は始まりの季節!という事で、色んな事出来事がありました☆
そんなフレッシュな風の吹いた4月を写真で振り返りたいと思います!

 

4月といえば…やっぱり色とりどりのお花!
季譜の里のロビーでは、近隣の里山や公園に先駆けて、
桜をはじめたくさんのお花が咲き誇りました!
今シーズンは珍しく桃の枝もご用意出来ましたので、
華やかな桜と桃の花の共演をご覧いただく事が出来ました☆

実は、この桃の枝はいただきものでございまして、
時折、黒田先生の生け花を知ってくださっている湯郷近隣の方から、
この様に花材を頂戴する事がございます。
地域の方にもご協力いただきながら皆様をおもてなし出来る事は
大変嬉しい事と感じております!
これからも館内のお花の数々を楽しみにしてやってください☆

 

ロビーの生け花に遅れて一週間ほど。
湯郷周辺でもようやく桜が見頃になりました。
こちらは湯神社横にある薬師堂の桜。
お堂と桜のが並ぶ佇まいにはなんとも趣があり、
おすすめのスポットです!
季節に応じて、お雛飾り藤棚もお楽しみいただける場所です。
是非、湯郷温泉にお越しの際は足をお運びください☆

 

そして、桜といえば周辺で一番の名所・津山城(鶴山公園)
今年は例年より5日ほど遅れての満開となりました。
しかし、そのお陰でさくらまつり中は
咲き始めから咲き終わりまで桜を楽しむ事が出来ました。
石垣いっぱいに咲くおよそ1,000本のソメイヨシノと
たくさんの人で今年も賑わいを見せていました!

 

月半ばからは、春の献立を模様替え。
春のお料理は前半は桃の節句をイメージしたもの、
そして後半は端午の節句を意識したものに変わります。
中央には菖蒲(あやめ)に見立てた茶巾、5月に収穫を迎える山桃を添え、
その右には的に見立てたサーモンの的射巻きをご用意しました。
ご覧いただいただけでも、これから来る季節を思い描いていただける事と思います。
これからも料理長を中心に、
目でもお楽しみいただけるお料理をご用意して参ります。

 

月の後半には、湯郷を少し離れて岡山市で開催中の
安達知江さんのガラス展のご紹介をいたしました。
5年に渡り湯郷温泉で開催されたガラスのクリスマスのお陰で、
季譜の里もすっかり県内のガラス作家とご縁が出来きました。
ロビーには、湯郷に工房のある岡本常秀さんの作品はもちろん、
ベテラン作家の有松啓介さん、若手の中野由紀子さん、平井睦美さんの
作品も展示させていただいております。
また、新作などが届いた際にはご紹介させていただきます☆

 

期間限定で、ウェルカムにてお出ししている
たくみにしかわさんのバターラスクもご紹介いたしました。
北海道産のこだわり素材を用いた兵庫県加古川発のこの商品。
「なぜ、岡山の季譜の里で?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、
理由はシンプルでございまして、『とっても素晴らしいラスクだから』というのと、
偶然にも、『たくみにしかわさんをプロデュースされている方との
出会いに恵まれたから』というものでございます。
これからも多くの素晴らしいものを皆様にご紹介したいと思っております。
引き続き、お楽しみにしていただければ幸いです!

 

4月もたくさんの方々に足をお運びいただきました!
今後も皆様のお越しを楽しみにお待ちしております☆
(喫茶 / 売店スタッフ・難波、重成)

「ウェルカムのラスクは私達がお出ししております!」

 

 

2017.04.07  季譜の里だより

「3月は去る」とはよく言ったもので、
休館日のお知らせから始まった3月もアッ!という間に過ぎました。
ここ最近は3ヶ月1度休館を頂戴しているのですが、
実は、そのお客様のいない館内にはスタッフが全員出勤で勢揃いしています(!?)

一体何をしているかと申しますと…
部署ごとに念密なミーティングを行い、目標を立て、全社員で共有し合ったり。
そして外部から講師をお招きしてより専門的な研修、勉強会を行ったりしています。
貴重な休館をいただく事で、毎回スタッフのスキルアップに役立てさせていただいている訳です。

さてさて!今回も色んな事がギュッと詰まった1ヶ月を写真で振り返りたいと思います。

 

3月になると、毎年私達の目を楽しませてくれるのが生け花の桜。
「桜の時期はまだなのに、どうして咲いているんだろう?」
そんな疑問の声も頂戴する事があります。

「ロビーは、暖房であたたかいから!」
はい、もちろんそれもございますが、
実は蕾のついた枝を館内のあたたかい場所で予め寝かせておくのです。
そうする事で、桜の花に少しだけ早く目を覚ましてもらう。
木から切り取られた後も温度の変化に敏感に反応し、
花を咲かせる桜には、その力強い生命力に驚かされます。

 

そして、お庭の方では。
お食事処「石榴(ざくろ)」の枝垂れ梅が今年も綺麗に咲いてくれました☆
毎年、10日を過ぎると「そろそろかな〜」と毎日様子を伺うのですが、
今年も平年並みの3月13日に満開
極寒の冬を過ごした為、花の付き具合が心配でしたが、
たくさんの方にお喜びいただける素晴らしい咲きっぷりでした!
来年もぜひお楽しみに☆

 

月の半ばには黒田先生宅へ訪問。
スタッフも何度かお邪魔した事はあるのですが、
その様子を皆様にご紹介させていただいたのは初めてです。
思いがけない天気雨のお陰で庭園のお花はゆっくり見れませんでしたが、
その分ゆっくりと黒田先生のお話を聞く事が出来ました。(詳細はコチラ)
次回は、「山手側に綺麗にあの花が咲いたら呼ぶ!」との事。
またご紹介しますので、楽しみにしていてください☆

 

湯郷温泉ではお雛祭りも盛り上がりました。
こちらは初日、二日目の飾られた階段雛の様子。
今年は好天に恵まれ、お雛様も気持ちよさそうに見えました。

 

お雛祭りでは、既に使われていない施設にも多数のお雛様が飾られたのですが、
その数は「一体どれくらいあるんだろう…」というほど沢山の数!
来年こそは…頑張って数えてみようと思います(笑)
こちらは旧坂口屋旅館での展示です。

 

4月が近づいてくるに連れて、館内のお花もより春らしくなってきました。
こちらはチューリップと桜というなんともうららかな組み合わせ!
黄色は実は黒田先生のお気に入りの色でして。
春はサンシュユやレンギョウに加え様々な黄色い花弁が
館内に春を知らせてくれます。
意識してご覧いただけると、さらにお花鑑賞も楽しくなると思います。

 

月の終わりには、朝食の器の模様替えもいたしました。
献立は大きく変わらないのですが、暖かくなるシーズンを前に、
清涼感ある朝を迎えていただきたいと、和朝食はガラスのお皿でお出ししております。
こちらは「いよいよ春本番!」を知らせる季譜の里の風物詩。
色とりどりの器も含めて、ボリュームたっぷりの朝食をお楽しみください☆

 

これからは屋外のお花が見頃を迎え、
生け花では満開のお花はもう見納めです。
つぼみ姿の生け花も、また来年会う日まで。

 

3月も沢山の方に足をお運びいただきました!
本当にありがとうございます!
4月も皆様のお越しを心よりお待ちしております☆
(フロント係長・酒本)

 

2017.03.08  季譜の里だより

今年ももう3月です!時間の経つのは早いですね〜。
「2月は逃げる」とはよく言ったものですが、あっという間に過ぎて行きました。
そんな2月を写真で振り返りたいと思います。

2月と言えば、毎度お馴染みの節分の豆まきからスタートしました!
湯郷の鬼も年々「お客様慣れ」が進んでおりまして;汗、
カメラを向けられればポーズをとるし、お子様を見れば大胆な演出(!?)で怖がらせる!
皆様のお陰ですっかり芸達者になっております笑。

 

 

豆まき後は退散するどころかロビーに戻って来て記念撮影大会!笑
接客サービス旺盛な鬼達に、ご滞在いただいた皆様にも好リアクションをいただきまして…。
例年にも増して賑やかな節分の豆まきとなりました☆
こうなってくると来年の鬼達の”おもてなし”が楽しみですね〜。
どうぞご期待くださいませ!

 

 

そして2週目には「もう結構です!」という様な寒波が再び
日本海側を中心に西日本は大雪となりました。
幸い湯郷温泉は早朝に積雪があったくらいで、日が昇ればご覧の通り。
道路の雪はすっかり溶けてしまいました。

いつもは「雪は大丈夫です。」とご案内する私共も今回ばかりは不安だったのですが…。
この寒波でも湯郷温泉はお車でお越しいただける状況でした。
来年のご来館の参考にしていただければ幸いです。
只、中国自動車道をご利用の際は、スノータイヤの準備はお願いいたします。

 

 

しかし、2月は陽の光に春らしいあたたかさをを感じ…。
ほんのり残った雪化粧も煌びやかで素敵でした。
冬らしい温泉街もいいものですね!

 

 

少しあたたかくなり始めた頃には季譜の里にもウワサのスイーツが登場!
今や湯郷温泉名物になりつつある「湯郷美人 いちごプリン」です☆
詳しいご紹介は先月のブログでさせていただきましたが、
その人気は売り切れになる日も多いくらいです!
季譜の里ではせっかくなので、ウェルカムドリンクと一緒に一口サイズでお出ししております。
ご来館の際は是非お楽しみください☆

 

 

そして、2月16日からはいよいよ春の会席コースがスタート!
お陰様でご好評いただいております☆
写真の「瀬戸の春魚と美作山菜の旬彩焼き」は肉味噌が絶品でございまして。
中央に乗っているのがそれですが、実際はお好みでつけやすい様に別の器でご提供しております。
特に!お魚との相性は抜群でございますので、どうぞたっぷりつけてお召し上がりください☆

 

 

それに伴いお料理の試食勉強会も実施。
ブログでのご紹介はつい先日になってしまいましたが、
春料理スタート前日の2月15日に開催いたしました。
勉強会では料理長はじめ、お料理を準備してくれる調理場の皆さんに大変お世話になる訳ですが、
表で色々と気をまわしてくれるのは接客リーダーの啓太くん。
ポイントを押さえて補足説明をしてくれたり、
若い不慣れなスタッフには細かく指導をしてくれたりと
本当に頼りになる存在です!

スタッフの中では一番の背の高さながら、その腰の低さは随一。
是非、ご来館の際は啓太くんの柔らかなおもてなしをご体感いただければ幸いです。
(苗字は佐々木と申します。)

 

 

2月19日にはヤマザキヤマトさんのロビーライブも開催いたしました!
日本に数台しかないハングドラムにはご来館いただいた皆様も興味深々で。
季譜の里ロビーにピッタリの癒しのひと時となりました☆
実際お会いしてみると分かるのですが、実はヤマザキさんもかなりの癒し系のお人柄。
癒しの音色に気さくな会話、そしてご本人の佇まいもとっても和やかです。
お近くでのライブ情報などを目にしましたら、是非とも足をお運びください。
きっと心満たされる体験になるとお察しします!

 

 

2月もたくさんの方にご来館いただき本当にありがとうございました!
今月以降も引き続き、皆様のお越しをお待ちしております!
(井口・小阪田・平井・啓太)

 

2017.02.04  季譜の里だより

2017年も早二ヶ月目に入りました。
今年の1月は暖冬の予想を裏切り、とっ〜ても寒い月に!
強すぎる寒波の影響で、ここ数年は雪と縁がなかった湯郷温泉も雪化粧となりました。
そんな一ヶ月を写真で振り返りたいと思います。

 

元旦は季譜の里の恒例行事!新春餅つき大会で幕を開けました!
ブログFacebookにも掲載したこの写真、よく見るともち米を運んで来た
料理長・西本が下を向いて笑っています(笑)

隣にいる支配人・早瀬とスタッフでどうやら冗談でも言っていた様なのですが、
例年は「お客様をお待たせしてはいけない!」「もち米の蒸しあがりはうまく行ったか!?」と、
準備から慌ただしく、緊張し過ぎていた雰囲気もありました。

しかし、年々若い二人の長(西本=32歳、早瀬=29歳)も経験を積み重ね、
今ではしっかりと仕事をしながらも、和やかな雰囲気も作れる様になりました!
これも常日頃季譜の里をご贔屓にしてくださる、
様々なお声を頂戴し、育ててくださる皆様のお陰でございます。
本当にありがとうございます!
引き続き暖かい目で見守っていただければ幸いでございます。

 

そんな中でも、今年ちょっと神経を尖らせましたのは…
餅つき大会の開催に関してです。
ノロウィルス流行の為、一時は自粛の声も上がりましたが、
「楽しみにしてくださる皆様の為にも、恒例行事は途絶えさせてはいけない!」と
使用する道具の衛生管理から消毒をスタッフ一同で徹底いたしました。
杵(きね)も今年から新しいものを使用した次第です。

 

実際にお餅に触る女将とスタッフ(予約係の横山でした)は、
手洗いと消毒を特に!特に!念入りに!!
その為ちょっと冷たそうな手をしていましたが;汗
お陰様で無事に餅つき大会を行う事が出来ました。

 

そして、今年一つ驚かされたのがお正月の好天ぶり。
例年お餅つきも、生憎の天気の中行う事もあったのですが、
三が日は冬晴れに恵まれまして、
気持ち良い新年のスタートを切る事が出来ました。
幕の内の7日までは毎日ロビーに煌びやかな陽が差し込んでいました。
(この時は、猛烈な寒波が来るなど思ってもいませんでした。。。)

 

5日からは、昨年大変ご好評いただいた岡山駅 – 季譜の里間の無料送迎バスの運行をスタート!
今年の1月は寒波の影響もあり、「あって本当に良かった」という
大変ありがたいお声も頂戴しました。
季譜の里ご宿泊者様限定、完全ご予約制にて承っておりますが、
ご乗車の人数に応じてマイクロバス、ハイエースの二種の車両でお伺いしております。
運行は2月末まで行っておりますので、是非この機会にご利用くださいませ。

詳細はこちら
https://www.kifunosato.com/news/1386

 

月の半ば前には昨年秋までの『季節の花ギャラリー』を更新いたしました。
館内およそ76箇所にある黒田先生による生け花をご紹介したHPギャラリーです。
その時々の湯郷の里山の草花をお楽しみいただけるのはもちろん、
年を追う毎に進化する、黒田先生の飽くなき生け花への挑戦の様子も
ご覧いただけるのではないかと思います。
昨年末から新春にかけてのお花もまた掲載いたしますので、楽しみにしていてください!

 

そして、忘れもしない1月14日
早朝の湯郷温泉街は真っ白な雪景色となりました!
昨年は降ることはあっても積もる事はなかったので、
お越しくださる皆様の交通の便に不安を覚えながらも、
滅多に見れないその景色をお客様と共にじっと眺めておりました。

 

只、湯郷に関して幸いだったのが、降り始めたのが朝だった事。
こちらが午前8時過ぎ、ピーク時の雪の状況です。
久々に川向かいの山の姿が見えなくなりました。
この後、お昼までに雪は溶けれしまったのですが、
翌日の15日、そして翌週の週末と雪は降り、
冬らしい、幻想的な雪景色に湯郷温泉が包まれる事となりました。

 

例年にも増して 冬!を感じた1月でございましたが、
月末にもご案内した通り、2月は16日から春のお料理がスタートいたします。
彩りも春らしく華やかに!
料理長・西本が腕をふるった自信作『瀬戸の春魚と美作山菜の旬菜焼き』を中心に
春の味覚満載の会席コースでおもてなしいたします☆

春料理のご紹介はコチラ
https://www.kifunosato.com/news/1489

 

1月もたくさんの方に足をお運びいただきました。
本当にありがとうございます!
改めまして、2月以降、本年も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

季譜の里 スタッフ一同