季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ > 観光情報
観光情報
2019.06.14  観光情報

湯郷温泉近隣も、そろそろあじさいのシーズン!6月中旬〜7月上旬まで、湯郷温泉近隣でご覧いただけるあじさい鑑賞スポットをご紹介いたします☆

大山あじさいロード
住所:美作市巨勢656-1(大山展望台)
湯郷温泉からお車で約10分
開花時期:6月中旬〜7月上旬
展望台までの約2.5kmの山道に約3000株のあじさいが植えられています。車に乗りながらや山道を散歩しながらご覧いただけます。

長法寺
住所:津山市井口246
湯郷温泉からお車で約30分
開花時期:6月中旬〜7月上旬
約3500株のあじさいが咲いています。歩道も整えられており歩きやすいです。あじさいが描かれた腰高障子が飾られており津山の指定文化財にも登録されています。

ウッドパーク声ヶ乢(こえがたわ)
住所:津山市市場
湯郷温泉からお車で約30分
開花時期:6月中旬〜
約2000株のあじさいが咲いています。駐車場がかなり広く、頂上からは津山が一望できるスポットになっています。舗装された道の端にあじさいが咲いており、車で移動しながら鑑賞出来ます。

鶴山公園(津山城)
住所:津山市山下135
湯郷温泉からお車で約30分
開花時期:6月中旬〜7月上旬
城下の石垣周りの通路に咲いています。ヤマアジサイ、アジサイ共に咲いており、園内至る所でご覧いただけます。雨天の際は、石の階段が滑りやすくなりますので、お足元には十分ご注意ください。

美咲花山公園
住所:久米郡美咲町北2822
湯郷温泉からお車で約40分
開花時期:7月中旬頃まで
約100種、2万株のあじさいが咲いています。公園内全てを見ようとすると階段などがありますが、平地だけでもお楽しみいただけます。お車で20分のところには卵かけご飯で有名な「食堂かめっち」もあります。

別格本山大聖寺
住所:美作市大聖寺1
湯郷温泉からお車で約1時間
(山間の道となります。ご注意ください。)
開花時期:7月上旬まで
約5000株のあじさいが咲きます。毎年6月上旬頃から6月下旬まであじさい祭りを開催。天平10年(738年)聖武天皇の勅命によって開山されたと伝わる由緒あるお寺で、「山陽花の寺二十四か寺」の第十三番札所でもあります。四季折々の草花に囲まれた境内にはあじさいが「心」の字形で植えられ、散策道をのんびり歩くことができます。

花の山寺 善門寺
住所:真庭市田原山上2127
湯郷温泉からお車で約1時間
開花時期:7月上旬まで
あじさい約3,000株、約30種類。普門寺境内と、周辺一帯に植えられています。お寺の建物と、周辺の茅葺き屋根との景観が素晴らしいと好評です。毎年6月にはあじさい祭りが行われています。

<あじさいの豆知識>
あじさいが咲いている土壌がアルカリ性だと赤色に、逆に酸性に近い土壌だと青色に色付きます。(岡山は青〜青紫のあじさいが多い)

よく植えられている球状のあじさいは西洋アジサイと言い、平なヤマアジサイ(ガクアジサイ)を改良した品種。

また、一部のあじさいの葉には毒があり、体のしびれや吐き気を催すと言われています。口には含まない様ご注意願います。

<あじさいの花言葉>
「移り気」「浮気」「冷たい美」「辛抱強さ」「辛抱強い愛情」など

2018.07.01  観光情報

6月中旬〜7月上旬まで、湯郷温泉近隣でご覧いただけるあじさい鑑賞スポットをご紹介いたします☆

 

大山あじさいロード
住所:美作市巨勢656-1(大山展望台)
湯郷温泉からお車で約10分
開花時期:6月中旬〜7月上旬
展望台までの約2.5kmの山道に約3000株のあじさいが植えられています。車に乗りながらや山道を散歩しながらご覧いただけます。

 

長法寺
住所:津山市井口246
湯郷温泉からお車で約30分
開花時期:6月中旬〜7月上旬
約3500株のあじさいが咲いています。歩道も整えられており歩きやすいです。あじさいが描かれた腰高障子が飾られており津山の指定文化財にも登録されています。

 

ウッドパーク声ヶ乢(こえがたわ)
住所:津山市市場
湯郷温泉からお車で約30分
開花時期:6月中旬〜
約2000株のあじさいが咲いています。駐車場がかなり広く、頂上からは津山が一望できるスポットになっています。舗装された道の端にあじさいが咲いており、車で移動しながら鑑賞出来ます。

 

鶴山公園(津山城)
住所:津山市山下135
湯郷温泉からお車で約30分
開花時期:6月中旬〜7月上旬
城下の石垣周りの通路に咲いています。ヤマアジサイ、アジサイ共に咲いており、園内至る所でご覧いただけます。雨天の際は、石の階段が滑りやすくなりますので、お足元には十分ご注意ください。

 

美咲花山公園
住所:久米郡美咲町北2822
湯郷温泉からお車で約40分
開花時期:7月中旬頃まで
約100種、2万株のあじさいが咲いています。公園内全てを見ようとすると階段などがありますが、平地だけでもお楽しみいただけます。お車で20分のところには卵かけご飯で有名な「食堂かめっち」もあります。

 

別格本山大聖寺
住所:美作市大聖寺1
湯郷温泉からお車で約1時間
(山間の道となります。ご注意ください。)
開花時期:7月上旬まで
約5000株のあじさいが咲きます。毎年6月上旬頃から6月下旬まであじさい祭りを開催。天平10年(738年)聖武天皇の勅命によって開山されたと伝わる由緒あるお寺で、「山陽花の寺二十四か寺」の第十三番札所でもあります。四季折々の草花に囲まれた境内にはあじさいが「心」の字形で植えられ、散策道をのんびり歩くことができます。

 

花の山寺 善門寺
住所:真庭市田原山上2127
湯郷温泉からお車で約1時間
開花時期:7月上旬まで
あじさい約3,000株、約30種類。普門寺境内と、周辺一帯に植えられています。お寺の建物と、周辺の茅葺き屋根との景観が素晴らしいと好評です。毎年6月にはあじさい祭りが行われています。

 

 

<あじさいの豆知識>
あじさいが咲いている土壌がアルカリ性だと赤色に、逆に酸性に近い土壌だと青色に色付きます。(岡山は青〜青紫のあじさいが多い)

よく植えられている球状のあじさいは西洋アジサイと言い、平なヤマアジサイ(ガクアジサイ)を改良した品種。

また、一部のあじさいの葉には毒があり、体のしびれや吐き気を催すと言われています。口には含まない様ご注意願います。

 

<あじさいの花言葉>
「移り気」「浮気」「冷たい美」「辛抱強さ」「辛抱強い愛情」など

 

 

2017.11.25  観光情報

湯郷温泉から北西へ約30分、
岡山県北第一都市となる津山市は見所がたくさんです!
市の中心部に位置する鶴山公園(津山城跡)を中心に
おすすめの定番スポットをご紹介いたします。

 

津山といえば、やはり桜の名所『鶴山公園(津山城)』。
さくらの名所100選にも選ばれるその景観は見事で、
満開時には約1000本のソメイヨシノが咲き誇ります。

森蘭丸の弟、森忠政が築城した津山城は、
姫路城、松山城と共に日本三大平山城に数えられました。
明治6年の廃城令により天守・櫓は取り壊されましたが、
連なる石垣からは、その城の規模、石と共に重ねられた歴史の風格を感じます。

毎年4月1日から15日頃まではさくらまつりも開催され、
大勢の観光客と露天で賑わいを見せます。

 

また、11月に入ると木々は赤く染まり始め、
中旬から下旬にかけて紅葉も見頃になります。
このシーズンの鶴山公園も綺麗で、
晩秋の澄んだ空の下見下ろす街並みにも風情があります。

 

鶴山公園から徒歩7分東に行くと、
城東町並み【城東重要伝統的建造物群保存地区】があります。
城下町に商家町として栄えた町並みで、
江戸時代の町家を主体として昭和戦前まで建築された
商家町の歴史感じる風情をお楽しみいただける場所です。

 

こちらは城東むかし町家(旧梶村邸)の様子。
町並みの中でも一際歴史感じる、310年前に建てられた町家です。
この様に、実際家の中に入り見学する事が出来ます。
明治時代には、津山藩から「札元(今の銀行)」を命じられ
「藩札」を発行していました。
主屋は江戸時代後期、西側の部屋は明治時代の建築で、
北側には大正時代に建てられたもの。
建物に宿る時の重なりをご覧いただける事と思います。

 

鶴山公園からお車で北に10分の所にある衆楽園もおすすめのスポットです。
江戸時代初期に津山藩主・森家によって築造された回遊式の庭園で
平成14年には国の名勝に指定され、大名庭園としての指定は、
岡山市の後楽園に次いで岡山県下で2例目となります。

 

今は一般解放(入場料無料)され、その四季折々の美しさが
観光客や地元の人々に親しまれています。
6月上旬から7月にかけては池一面の睡蓮をお楽しみいただけます。

 

10月下旬〜11月中旬にかけては、
鮮やかな紅葉が園内を彩ります。

 

そして、近年人気なのがこちら。津山まなびの鉄道館です。
国内に現存する扇形機関車庫の中で2番目の規模の「旧津山扇形機関車庫」、
歴史感じる多種の収蔵車両、鉄道に関する様々な展示と憩いの場で構成されており、
鉄道好きの方から小さなお子様まで、多くの方が足を運んでいます。

 

扇形機関車庫の遠景。
普段なかなかお目にかかれない面白いスポットです!

 

そして、津山といえば…。
そう!B級グルメのホルモンうどんです!
津山市中心部では、自慢のホルモンうどんを提供する
様々なお店が軒を連ねています。
「どのお店にいったらいいか分からない〜」という場合は、
人気店のまとめサイトもございますのでご参考にしてください。
現地で地元の方に聞くのもいいかも知れません。

 

プリップリのホルモン!
是非、お楽しみください。

 

そしてもう一つ、津山の隠れた名物がこちら。
津山名物そずり鍋です。
そずり肉とは骨の周りの肉のことで、
骨からそぎ落として使うことからその名がつきました。
(そぎ落とす → 津山方言で「そずる」と言います)
醤油ベースの出汁に濃厚なお肉の旨味が溶け出し、
野菜もたっぷり食べられるので寒い時期はおすすめです!

歴史感じる街並みから、こってりご当地グルメまで。
味わい深い魅力の詰まった津山市をお楽しみください。

 

鶴山公園(津山城)
住所:津山市山下135
開園時間:シーズンによって異なる(上記リンク先をご参照ください。)
入園料:300年(中学生以下は無料)
休日:12/29~31
お問合せ:0868-22-3310(津山市観光協会)
津山市観光協会:0868-22-3310/鶴山公園:0868-22-4572

 

衆楽園
住所:津山市山北628
開園時間:7:00~20:00(11月~3月は17:00まで)
お問合せ:0868-23-6507
休日:無休

 

津山まなびの鉄道館
住所:岡山県津山市大谷
開館時間:9:00〜16:00(最終入館受付は閉館時刻の30分前まで)
入館料:大人(高校生以上)300円、 中学・小学生100円、幼児(小学生未満)無料
休館日:毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月29日~12月31日
お問合せ:0868-35-3343

 

2017.09.24  観光情報

湯郷温泉から北東にお車で30分弱、長閑な山間にある大原地区には
かの剣豪・宮本武蔵の生誕の地があり、武蔵の里として親しまれています。

 

周辺には武蔵の生家跡をはじめ、武蔵の墓、武蔵神社、武蔵資料館などがあり、
宮本武蔵ゆかりの場所を訪ね歩いていただけるおすすめのスポットです。
有名観光地の様な賑やかさには欠けますが、
豊かな自然とその土地に育まれてきた営みを感じる
しみじみとした景観をお楽しみいただけます。

 

また、武蔵資料館に隣接する武道館では、
居合道7段のトレバー・ジョーンズさんによる居合体験も。
ご予約制にてご体験いただく事が出来ます。

 

イギリス出身で日本在住のトレバーさん。
その刀さばきは「流石」の一言。

 

同敷地内にある武蔵の里・五輪坊ではご宿泊はもちろん、
地元食材を扱ったお料理もお楽しみいただけます。
武蔵ゆかりの地を歩き、その土地で育まれた食材をいただく。
素朴さの中にある贅沢さを堪能出来ます。

※料理写真はイメージです。

 

そして、お車で北に5分ほど行けば、
江戸時代に宿場町として栄えた旧因幡街道大原宿跡があります。
この近辺は古町街並保存地区と呼ばれ、
古き良き町並みの風情を感じていただける場所です。
街道沿いには地酒「白梅」、「武蔵の里」でお馴染みの田中酒造もあり、
季節毎に地元のお祭りでも賑わう観光スポットとなっています。

 

染み渡る歴史感じる美作市・大原地区。
ドライブがてらちょっと足を伸ばして見てはいかがでしょうか。
岡山は県北東部の飾らない佇まいをご覧いただける事と思います。

 

武蔵の里 五輪坊
住所:岡山県美作市宮本94
会席料理:4500円(税別)〜
ご昼食:1500円(税別)〜
完全予約制
お問い合わせ:0868-78-4600 武蔵の里 五輪坊

武蔵資料館
料金:中学生以上500円、小学生200円、小学生未満無料
お問い合わせ:同上


トレバー・ジョーンズさんの居合体験

時間:1時間〜1時間半
料金の目安:お一人様8,000円〜10,000円(税別)
開催日:不定期(主に金曜の午前と土日)・完全予約制

※居合体験は、ご宿泊の方でご希望の際はお取り次ぎいたします。
 ご予約時に予めお申し付けくださいませ。
※不定期開催の為、日程によってはご希望に添えない場合もございます。
 予めご了承くださいませ。