0868-72-1523

季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ > 春料理の試食勉強会を行いました!
春料理の試食勉強会を行いました!
2017.03.03  スタッフブログ

今年もご好評いただいております春の会席コース
先月のお話になりますが、この度もスタッフの試食勉強会を行いました!
彩鮮やかな春料理のうらにある、季譜の里のワンシーンをご紹介したいと思います。

 

お馴染みの料理長・西本からの詳細説明よりスタート。
首に手を回していますが、首が凝っている訳ではございません。
(そのタイミングでシャッターを切ってしまいました:汗)
昨年からの引き続きの事柄、今年から変更になった注意事項など、
お品書きを見ながら細かく説明が行われます。

よく見ると料理長、腕っ節が太いですが、
実は、その背景にはボルタリングが趣味という事実が!
貴重な休日には、毎回その豪腕にさらに磨きをかけに、
食材ならぬ壁面に向き合う時を過ごしています。
見かけ通りのスポーツマンです!

 

お料理出し実習では、メインとなる”瀬戸の春魚と美作山菜の旬彩焼き”のおさらいから。
ほどよく焼き上げる時間とタイミングを確認します。
蓋の中ではギュギュっ〜!っと春の旨味が蒸し焼き上げられています!

 

その焼き上がりは…ふぁ〜〜!っとこんな感じ!笑
「湯気が上がって…美味しそう!!!」
接客係の日笠が絶妙な笑顔を見せています!!!
…思わず旬彩焼きでなく、そちらに反応してシャッターを切ってしまいました;汗・笑。

 

焼き上がりはこんな感じです(湯気のタイミングはバッチリ逃しました;汗)。
こちらに特製の肉味噌をつけてお召し上がりいただきます!

 

その傍らではジュジュっといういい音が!
こちらでは”和牛の溶岩石ステーキ”を焼きはじめていました〜☆
まず最初に、溶岩石が温まったらレモンをぬりぬりするのですが、
これはお肉が石にくっつくのを防ぐため。
油ではないので、とってもヘルシーです!

 

お肉と野菜を乗せれば、ハイ、これはもう美味しそうです☆
ひっくり返しても、レモンのお陰でくっついていません!
溶岩石の遠赤外線効果で中までしっかり火も通ります。

 

お料理出し実習で気付いた事はその都度メモを取ります。
接客係リーダーの啓太君が毎回、ツボを押さえてまとめてくれます。
頼れる皆のお兄さんであり、ベテランスタッフには優秀な息子の様な存在です。

 

そして!この春お楽しみにしていただきたいのが、
今話題の湯郷美人ならぬ季譜の里美人!?
黒豆の甘豆腐です!
ほぼプリンの様な食感で、その優しい甘さがたまりません〜◉
料理長・西本のちょっとした自信作!
ひとまず4月13日までのご提供です。
(食材の都合により、一部日によって異なる場合もございます)

この春も、旬のお料理の数々で皆様のお越しをお待ちしております!

 

プランのご予約・一覧はこちら
https://www.kifunosato.com/plan