0868-72-1523

季譜の里 季譜の里

ホーム > お知らせ > 夏の会席コースがスタートいたしました☆
夏の会席コースがスタートいたしました☆
2017.06.03  お知らせ

6月より!夏のお料理がスタートいたしました☆
毎年おなじみの…やわらか鮑の蒸し焼きのシーズンです!
旬彩会席スタンダード、量より質の御膳、贅zeiの御膳と3つの会席コースにて、
バラエティー豊かな夏の味覚をお届けいたします。
今回はコースそれぞれの特徴をちょっぴりご紹介させていただきます。

 

まずは季譜の里で一番スタンダードな夏の会席、
【旬彩会席 夏!】やわらか鮑とひんやり氷のドームの御造り膳
「プラン選びの困ったら、まずこちらを」とお勧めしていたしております。
その内容はメインの鮑の蒸し焼きはもちろん、氷のドームのお造り、和牛の溶岩石ステーキ、
鮎の塩焼きと山海の幸をバランスよくお召し上がりいただけるもの。
食べ応えも十分にございます。

 

中でも氷のドームのお造りは、季譜の里の夏の風物詩。
実際お出しする時は、氷のドームに全体が囲まれていて中が見えないのですが、
それを木槌で割ってお召し上がりいただきます。
上手に割れば、こんな風に綺麗に窓を開けられるかも(!?)
是非、挑戦してみてください!
氷に包まれたお造りはひんやりとしていておいしいです☆

 

そして、人気の和牛の溶岩石ステーキをお楽しみいただけるのも旬彩会席の醍醐味。
実際にお好みの焼き加減でお召し上がりいただけます☆
焼ける時のジューっという音が食欲をそそりたまりません!

 

続きまして、こちらは女性やご年配の方に人気の量より質の御膳
「会席料理は量が多い」「おいしいもの少しずつ食べたい」という方にお勧めのコースです。
お肉料理、油物がなくなる分お腹に重たくなく、
その分お造りや酢の物などを一品料理の質をグレードアップ。
美味しくあっさりとお召し上がりいただける内容でございます。

 

献立でお出ししている蒸し饅頭です。
夏の前半は旬の新じゃがを扱い、中には鶏そぼろをお入れしています。
分かりやすく例えるとしたら「会席料理版コロッケ」でしょうか。
上には山葵(ワサビ)、周りにうすい豆を添え、
味と見た目にピリリとアクセントをつけております。

 

こちらは鱧(ハモ)の酢の物。
梅肉を添えて瑞々しい酸味を効かせています。
添えられた蛇腹胡瓜と海月(クラゲ)の酢漬けと共にお召し上がりいただければ、
お口の中に広がるのは、夏ならではのさっぱりとした清涼感。
見た目通りの味わいです。

 

そして!季譜の里で一番豪華な会席コース贅zeiの御膳は量、質共に兼ね備えた贅沢さ!
とにかく美味しいものをめいいっぱい食べたい時、
記念日やお祝い事の時などにお勧めのコースです。
先にご紹介した量より質の御膳の二品に加えて、お造りの五種盛りや
岡山のブランド牛・千屋牛(ちやぎゅう)など食べたいお料理が満載です☆

 

氷のドームも付く夏のお造り五種盛りを彩るのは、
伊勢海老、ウニをはじめ、中トロ、鱸(スズキ)の洗いにモンゴイカ。
その清涼かつ豪華な存在感には思わず目を奪われます。
暑い時期だからこそ、冷たいものは冷たくひんやりとお出しいたします。

 

加えて千屋牛は特選のロースをお出しいたします。
「ロースは少し脂身が…」と感じられるかも知れませんが、ご安心ください。
サシはしっかり入っていても、実はそんなにしつこくないのが千屋牛の良いところ。
むしろその脂身の甘みをお楽しみいただければ幸いです。
こちらも石焼きにて、お好みの焼き加減でお召し上がりいただける様お出ししております。

 

夏の旬がふんだんに散りばめられた献立の数々。
お料理にもおもてなしのこころを込めて、皆様のお越しをお待ちしております!