季譜の里 季譜の里

ホーム > 体験観光 > 史跡が語り継ぐ「神話」の世界 > 神が宿りし磐座を巡るコース

神が宿りし磐座を巡るコース

Special Activity

日本古来の自然崇拝のこころ
神が宿りし磐座を巡るコース

現在、神々は常に神社に存在するとされています。しかし社がつくられる前の時代、神々は祭祀など特別な時に現れました。磐座はその神々が寄り付くべき神聖な存在でした。神々の依代・磐座を巡ってみてはいかがでしょうか?

天石門別神社

天の岩戸伝説ゆかりの神様のアマノテヂカラが主神。
アマノテヂカラは天岩戸に隠れたアマテラスを引き出した力強さから戦い、スポーツの神様とされています。また境内には神が宿る場所とされる磐座、そして琴弾の滝があります。
マイナスイオンたっぷりの神域を体感してはいかがでしょうか?

石上布都魂神社

八岐大蛇伝説ゆかりの地。八岐大蛇を倒す時に活躍した刀が祀られていた。
奥の院には大きな磐座があり、禁足地ギリギリまで踏み入ることができます。

ご利用イメージ

(予約不要・ご自身で観光)

【当日の流れ】

  1. 季譜の里出発
    車30分

  2. 天石門別神社<30分>
    車45分

  3. 石上布都魂神社<40分>
    車45分

  4. 季譜の里到着
    所要時間計190分