季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ > 季譜の里だより > 季譜の里だより・6月
季譜の里だより・6月
2018.07.20  季譜の里だより

7月も半ばが過ぎ、蒸し暑い猛暑日が続く今日この頃。皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか。また、7月はじめの豪雨では湯郷温泉近隣の状況もご心配いただき、皆様からたくさんのご連絡を頂戴いたしました。大変ありがとうございました。その後も周辺では大きな被害はなく、いつも通りの日常が過ぎております。この場をお借りして改めましてお礼申し上げます。

さて、この度は6月のお話。夏料理のスタートと共に始まった1ヶ月をたくさんの写真で振り返りたいと存じます。しばしお付き合いいただければ幸いです。

 

6月の季譜の里といえば、毎年恒例の夏料理のスタート!お陰さまで今シーズンもご好評いただいております。目の前で実際に焼いていただく『和牛の溶岩石ステーキ』に加えて、『やわらか鮑の蒸し焼き(こちらも目の前で火を通します)』などエンターテイメント性の高さも夏料理の特徴ですが、中でも大きなリアクションをいただくのはやっぱり『氷のドームのお造り』☆ 特に『贅zeiの御膳』でお出ししているお造りは、氷を木槌で割ってお楽しみいただく涼やかさに加え、さばきたての伊勢海老が「ピクリ」と動いたりもして(!)、小さなお子様にも驚きの表情で迎えられております。

 

6月13日まではホタルバスも運行いたしました。毎年綺麗なホタルの乱舞を見せてくれる湯郷温泉・大谷川のホタル。今年もたくさんの方にご観賞いただきました!気候の変動に伴い、発生の時期が早まったり、少し遅れたりする事もあるホタルですが、今年は運行期間中、雨天以外はほぼご覧いただける状況で幸いでございました。どうぞ、また来年も楽しみにしてやってください☆

 

また、6月は新茶のシーズン!ということで、新茶の水出し緑茶のご紹介もいたしました。岡山を代表するお茶の産地・美作市海田(かいた)地区の海田園 黒坂製茶さんにお邪魔し、詳しくお話を伺った後、季譜の里のウェルカムドリンクでもご提供いたしました。新茶ならではの甘みある水出し緑茶。こちらも皆様に大変ご好評いただきました。ありがとうございました。

 

そして、月の後半には、春の活け花の数々をHP・季節の花ギャラリーでご紹介いたしました。2月の後半から5月末まで、館内を彩った花々から12点を掲載いたしております。ぜひ、ご覧いただければ幸いです!

季節の花ギャラリーはこちら

 

一方、6月の館内では、深まりを見せる木々の緑とオクラレルカ、アジサイなど花々が夏らしい彩りを見せてくれました。こちらはオクラレルカを扱った玄関の活け花。

 

夏の活け花も、また追って季節の花ギャラリーでご紹介させていただきます☆

 

引き続き、きびしい暑さが予想されるこれからのシーズン。季譜の里では8月31日まで涼やかな夏の献立でおもてなしいたします☆ この夏も皆様お越しを心よりお待ちしております!