季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ > 季譜の里だより > 季譜の里だより・11月
季譜の里だより・11月
2017.12.24  季譜の里だより

12月も末になり、いよいよ年の瀬。
2017年もあっという間に過ぎた様な気がします。
(毎年年末は、そんな風に感じるのですが。)
すっかり気温も冬本番になり、
11月初旬の陽の暖かさが懐かしく思える今日この頃。
この度も一ヶ月を写真で振り返りたいと思います。

 

11月初旬の湯郷温泉は好天の日が続きました。
朝晩は冷え込み始めたのですが、
日中は陽の暖かさでロビーにいてもなんだかほっこり。
秋の深まりを見せる中庭を横目に、
無垢の椅子テーブルでのんびりするには気持ちの良い日々でした。

 

そして、11月6日からスタートいたしました冬の会席コース!
写真は冬の”贅zeiの御膳”です。
伊勢海老、蟹に千屋牛(ちやぎゅう)にフグ…。
こうやって眺めていると、
改めてその豪華さに食欲が湧いてきます笑。
今シーズンもたくさんの方にお楽しみいただいております!

ずわい蟹の炭火焼き、千屋牛の石焼きはもちろん、
野菜の焚き合わせやふぐ雑炊なども、大変ご好評いただいております。

 

冬の主役のずわい蟹。
炭火で焼くので香ばしく、ふっくらとした焼き上がりになります☆
足は身がぷくっと膨れてきて、白く染まり始めたら食べごろのサイン。
火を通し過ぎないのが美味しいお召し上がり方です。
一方爪の部分は身が厚いので、しっかりと焼いてお楽しみください。

 

11月からは、春にご好評いただきました、
たくみにしかわ’’さんのこだわりラスクをウェルカムでご提供。
ラスクは色合い的にもなんだか秋冬シーズンに似合います。
温かい岡山紅茶と一緒にお召し上がりくださいませ。

 

お土産処でも好評販売中です☆

 

11月20日頃からは冷え込みがぐっと強くなり、
寒〜い朝晩になり始めました。
冬本番の到来を肌で感じ入りました。
そんな時は、やっぱり温泉が気持ちいい…。
写真は’’貸切露天風呂こぶし’’です。
冬場はピンと冷えた空気の中、
ザブッと温かい温泉に浸かるのがとっても気持ち良いです。

貸切露天風呂はお連れ様だけで
気兼ねなく温泉浴をお楽しみいただけるプライベートスペース。
ご来館の際は、是非一度お楽しみいただければ幸いです。
時間はちょうど良い45分間のご利用で2500円(税別)。
ご予約制となっておりますので、
ご来館前、またはご到着後フロントまでお申し付けくださいませ。

季譜の里の温泉施設のご案内はこちら

 

月末にご紹介いたしました津山市の観光案内情報
定番コースをざっとご紹介させていただきました。
まだまだご案内仕切れていないスポットもたくさんございますので、
また追ってお知らせいたします。
鶴山公園の桜が見れるのもあと4ヶ月弱です(早い)。

 

記事でご紹介させていただいた中でも、
「えっこんなのあったの?」とリアクションをいただきましたのが、
津山名物の’’そずり鍋’’。
実は、冬期は岡山県北は鍋が盛んで、
1月末までこんなお祭りも行われています。

第18回作州津山なべまつり

ぞずり鍋はもちろん、牛モツ、鴨鍋など
各店自慢の鍋料理をお楽しみいただけます。
参加店舗も紹介されていますので、
是非、この機会に作州は津山の郷土鍋をお楽しみください☆

 

11月、そして2017年も本当にたくさんの方に足をお運びいただきました。
心よりお礼申し上げます!
2018年も皆様のお越しを心よりお待ちしております。
どうぞ、良いお年お迎えくださいませ。

(接客係・長岡)