0868-72-1523

季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ > 季譜の里だより > 季譜の里だより・10月
季譜の里だより・10月
2017.11.13  季譜の里だより

毎月一ヶ月を写真で振り返る「季譜の里だより」
気がつけば、お陰様でこの記事を書き始めて丸一年が経ちました。
いつもご覧いただきありがとうございます。
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

さて、絶景雲海シーズンを迎える雲海のお知らせから始まりました10月。
早朝鑑賞バスもたくさんの方にご利用いただいております。
この度も写真で一ヶ月を振り返りたいと思います。

 

10月4日には見事な中秋の名月をご覧いただけました。
えっ!10月に名月?と思いましたが、今年は旧暦でいうと閏月があった年だそうで。
およそ一ヶ月ほど日にちにズレが生じたそうです。
因みに10月にずれ込んだのは2009年10月3日以来の8年ぶり。
次に名月を10月にお楽しみいただけるのは、2020年の10月1日です。
満月の2日前でしたが、本当に綺麗なお月様でした☆

 

6日に開催した木太聡さんの演奏会
お陰様で盛況の内に終える事ができました。
雨のしっとりとした空気が漂う夜。
木太さんの静謐な鍵盤の調べはその雰囲気にとても合っていて、
ご参加いただいた皆様も
目を閉じて旋律に包まれていたご様子でした。

 

中でも、特に印象に残ったのは1926年製のオルガンの響き。
長い時を纏ったものは、どうしてこんなにも魅力的なのでしょうか。
「あら、私よりも随分年上なのね。」とお話されていたお客様の言葉と共に、
その佇まいも胸の奥に深く残りました。

 

そして、月半ばからは秋は美作の特産品☆作州黒枝豆がお土産処に登場!
湯郷温泉のある作州は、兵庫県の丹波篠山と並ぶ黒豆の名産地。
中でもこの作州黒枝豆は、塩茹でにするだけでその味わい深さを
お楽しみいただけるオススメの逸品です☆

出始めのフレッシュな10月半ばも良いのですが、
豆が熟してくる10月後半から11月上旬が特にオススメ。
その味わいはまるで栗を食べているかのようにホクホクです!
来年もどうぞ楽しみにしてやってください。

 

18日には今シーズン一番の絶景雲海!
今年は雨が続いたり、寒暖の差があり過ぎたりして
中々見れない日も続きましたが、
11月に入ってからは順調にご覧いただけております。
早朝鑑賞バスは11月末まで運行いたします。
ご来館の際は、是非ご参加くださいませ。

 

10月はめずらしく朝食の試食勉強会も行いました。
新しいスタッフも増え、現在の朝食のおさらいをしたかったのと、
料理長考案の新メニューも登場したからです。
勉強会はいつも通り真剣さとユーモアの入り混じったものになりましたが(笑)
(※詳細はこちらをご覧ください。)
新メニューは運用までちょっとお時間がかかりそうです。
ご案内が出来ない日もあろうかと思いますが、何卒ご了承くださいませ。

 

因みに新メニューはコチラ。
料理長特製の薬膳肉味噌をおかずに、
肉味噌茶漬けや卵かけご飯をお楽しみいただけます。

 

そして、月末は「え〜っ、また!?」と思ってしまった週末の台風襲来。
2週連続にはちょっとびっくりしました;汗
1週目は雨風も強く災害が心配でしたが、
湯郷温泉近隣は幸い何事もありませんでした。
改めて、恵まれた土地柄だと痛感した次第です。

これからは雪が心配になるシーズン。
湯郷温泉近隣はめったに積もる事はありませんが、
昨シーズンの様に強すぎる寒波が来ない事を祈ります!

※昨シーズンの大寒波の様子はコチラ
1月14日
2月12日

 

10月もたくさんの方にお越しいただき、誠にありがとうございました!
11月以降も皆様のお越しを楽しみにお待ちしております☆

(予約係・横山、副支配人・谷口)

※お電話対応係の2名です。いつもありがとうございます!