0868-72-1523

季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ > 謹賀新年☆季譜の里のお餅つき!
謹賀新年☆季譜の里のお餅つき!
2017.01.04  スタッフブログ

あけましておめでとうございます!
季譜の里の新年と言えば・・・毎年恒例のお餅つき☆
今年も元気いっぱいに!三が日の朝はお餅つきの掛け声から始まりました!
たくさんのお客様にご参加いただいたその様子をご紹介させていただきます。

 

あっつあつの餅米が木臼に運び込まれたら〜
「よいしょ!こらしょ!」と何やら木臼を囲んで力いっぱい杵で押さえ込んでいます。
何をやっているのかというと・・・

 

こうやって餅米を杵で潰しているのです!
丁寧にすばやく練り込む事で、つく時にお米があっちこっちに飛び散らずに済みます(笑)。
杵がお持ちにひっつかない様に、水をつけては練り、水をつけては練りを繰り返します。
ちょっぴり力のいる作業です。

 

こちらは餅を待つ手。
見ていると冬の朝の寒さを思い出します。
手をすり合わせながら、餅が練り上がるのをしばし待ちます。

 

餅米が練り上がったら、さぁ!いよいよついて参ります!
掛け声も高らかに!「よいしょ〜!よいっしょ〜!」!
お客様に見守られてお餅をついているのは支配人の早瀬です!

支配人は実は、日頃から体を鍛えておりまして、
おかやまマラソンやトライアスロンにも参加している体力&力自慢!
毎年お餅つきの時には頼りになる存在です☆

勢いよくつき上げます!!!

 

そして!ご観覧のたくさんのお客様にもお餅つきにご参加いただきました!
小さなお子様からお父様、お母様まで、皆様でついていただき、
とっても良いお餅が出来あがりました☆

 

女将とスタッフでひとつひとつ取り分けます。
皆様のあったかさが込もったお餅。
餅を持つ手もとてもあたたかそうです。

 

木臼と杵でついたお餅は本当にもっちもちで、とっても美味しい!
あんこにきな粉、おろし醤油とお好みでお召し上がりいただきますが、
そのまま食べてもほんのりとした甘さがあります。
つきたてのお餅はやっぱり良いですね☆

 

お餅つきを大きな掛け声と冗談で盛り上げてくれる、駐車場係の春名さん。
「今年もえぇ〜餅ができた!」と大喜びでした。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!
私達スタッフもすっかり楽しませていただきました。

また、来年も心よりお待ちしております!