0868-72-1523

季譜の里 季譜の里

ホーム > スタッフブログ > 季譜の里だより
季譜の里だより
2017.03.08  季譜の里だより

今年ももう3月です!時間の経つのは早いですね〜。
「2月は逃げる」とはよく言ったものですが、あっという間に過ぎて行きました。
そんな2月を写真で振り返りたいと思います。

2月と言えば、毎度お馴染みの節分の豆まきからスタートしました!
湯郷の鬼も年々「お客様慣れ」が進んでおりまして;汗、
カメラを向けられればポーズをとるし、お子様を見れば大胆な演出(!?)で怖がらせる!
皆様のお陰ですっかり芸達者になっております笑。

 

 

豆まき後は退散するどころかロビーに戻って来て記念撮影大会!笑
接客サービス旺盛な鬼達に、ご滞在いただいた皆様にも好リアクションをいただきまして…。
例年にも増して賑やかな節分の豆まきとなりました☆
こうなってくると来年の鬼達の”おもてなし”が楽しみですね〜。
どうぞご期待くださいませ!

 

 

そして2週目には「もう結構です!」という様な寒波が再び
日本海側を中心に西日本は大雪となりました。
幸い湯郷温泉は早朝に積雪があったくらいで、日が昇ればご覧の通り。
道路の雪はすっかり溶けてしまいました。

いつもは「雪は大丈夫です。」とご案内する私共も今回ばかりは不安だったのですが…。
この寒波でも湯郷温泉はお車でお越しいただける状況でした。
来年のご来館の参考にしていただければ幸いです。
只、中国自動車道をご利用の際は、スノータイヤの準備はお願いいたします。

 

 

しかし、2月は陽の光に春らしいあたたかさをを感じ…。
ほんのり残った雪化粧も煌びやかで素敵でした。
冬らしい温泉街もいいものですね!

 

 

少しあたたかくなり始めた頃には季譜の里にもウワサのスイーツが登場!
今や湯郷温泉名物になりつつある「湯郷美人 いちごプリン」です☆
詳しいご紹介は先月のブログでさせていただきましたが、
その人気は売り切れになる日も多いくらいです!
季譜の里ではせっかくなので、ウェルカムドリンクと一緒に一口サイズでお出ししております。
ご来館の際は是非お楽しみください☆

 

 

そして、2月16日からはいよいよ春の会席コースがスタート!
お陰様でご好評いただいております☆
写真の「瀬戸の春魚と美作山菜の旬彩焼き」は肉味噌が絶品でございまして。
中央に乗っているのがそれですが、実際はお好みでつけやすい様に別の器でご提供しております。
特に!お魚との相性は抜群でございますので、どうぞたっぷりつけてお召し上がりください☆

 

 

それに伴いお料理の試食勉強会も実施。
ブログでのご紹介はつい先日になってしまいましたが、
春料理スタート前日の2月15日に開催いたしました。
勉強会では料理長はじめ、お料理を準備してくれる調理場の皆さんに大変お世話になる訳ですが、
表で色々と気をまわしてくれるのは接客リーダーの啓太くん。
ポイントを押さえて補足説明をしてくれたり、
若い不慣れなスタッフには細かく指導をしてくれたりと
本当に頼りになる存在です!

スタッフの中では一番の背の高さながら、その腰の低さは随一。
是非、ご来館の際は啓太くんの柔らかなおもてなしをご体感いただければ幸いです。
(苗字は佐々木と申します。)

 

 

2月19日にはヤマザキヤマトさんのロビーライブも開催いたしました!
日本に数台しかないハングドラムにはご来館いただいた皆様も興味深々で。
季譜の里ロビーにピッタリの癒しのひと時となりました☆
実際お会いしてみると分かるのですが、実はヤマザキさんもかなりの癒し系のお人柄。
癒しの音色に気さくな会話、そしてご本人の佇まいもとっても和やかです。
お近くでのライブ情報などを目にしましたら、是非とも足をお運びください。
きっと心満たされる体験になるとお察しします!

 

 

2月もたくさんの方にご来館いただき本当にありがとうございました!
今月以降も引き続き、皆様のお越しをお待ちしております!
(井口・小阪田・平井・啓太)

 

2017.02.04  季譜の里だより

2017年も早二ヶ月目に入りました。
今年の1月は暖冬の予想を裏切り、とっ〜ても寒い月に!
強すぎる寒波の影響で、ここ数年は雪と縁がなかった湯郷温泉も雪化粧となりました。
そんな一ヶ月を写真で振り返りたいと思います。

 

元旦は季譜の里の恒例行事!新春餅つき大会で幕を開けました!
ブログFacebookにも掲載したこの写真、よく見るともち米を運んで来た
料理長・西本が下を向いて笑っています(笑)

隣にいる支配人・早瀬とスタッフでどうやら冗談でも言っていた様なのですが、
例年は「お客様をお待たせしてはいけない!」「もち米の蒸しあがりはうまく行ったか!?」と、
準備から慌ただしく、緊張し過ぎていた雰囲気もありました。

しかし、年々若い二人の長(西本=32歳、早瀬=29歳)も経験を積み重ね、
今ではしっかりと仕事をしながらも、和やかな雰囲気も作れる様になりました!
これも常日頃季譜の里をご贔屓にしてくださる、
様々なお声を頂戴し、育ててくださる皆様のお陰でございます。
本当にありがとうございます!
引き続き暖かい目で見守っていただければ幸いでございます。

 

そんな中でも、今年ちょっと神経を尖らせましたのは…
餅つき大会の開催に関してです。
ノロウィルス流行の為、一時は自粛の声も上がりましたが、
「楽しみにしてくださる皆様の為にも、恒例行事は途絶えさせてはいけない!」と
使用する道具の衛生管理から消毒をスタッフ一同で徹底いたしました。
杵(きね)も今年から新しいものを使用した次第です。

 

実際にお餅に触る女将とスタッフ(予約係の横山でした)は、
手洗いと消毒を特に!特に!念入りに!!
その為ちょっと冷たそうな手をしていましたが;汗
お陰様で無事に餅つき大会を行う事が出来ました。

 

そして、今年一つ驚かされたのがお正月の好天ぶり。
例年お餅つきも、生憎の天気の中行う事もあったのですが、
三が日は冬晴れに恵まれまして、
気持ち良い新年のスタートを切る事が出来ました。
幕の内の7日までは毎日ロビーに煌びやかな陽が差し込んでいました。
(この時は、猛烈な寒波が来るなど思ってもいませんでした。。。)

 

5日からは、昨年大変ご好評いただいた岡山駅 – 季譜の里間の無料送迎バスの運行をスタート!
今年の1月は寒波の影響もあり、「あって本当に良かった」という
大変ありがたいお声も頂戴しました。
季譜の里ご宿泊者様限定、完全ご予約制にて承っておりますが、
ご乗車の人数に応じてマイクロバス、ハイエースの二種の車両でお伺いしております。
運行は2月末まで行っておりますので、是非この機会にご利用くださいませ。

詳細はこちら
http://www.kifunosato.com/news/1386

 

月の半ば前には昨年秋までの『季節の花ギャラリー』を更新いたしました。
館内およそ76箇所にある黒田先生による生け花をご紹介したHPギャラリーです。
その時々の湯郷の里山の草花をお楽しみいただけるのはもちろん、
年を追う毎に進化する、黒田先生の飽くなき生け花への挑戦の様子も
ご覧いただけるのではないかと思います。
昨年末から新春にかけてのお花もまた掲載いたしますので、楽しみにしていてください!

 

そして、忘れもしない1月14日
早朝の湯郷温泉街は真っ白な雪景色となりました!
昨年は降ることはあっても積もる事はなかったので、
お越しくださる皆様の交通の便に不安を覚えながらも、
滅多に見れないその景色をお客様と共にじっと眺めておりました。

 

只、湯郷に関して幸いだったのが、降り始めたのが朝だった事。
こちらが午前8時過ぎ、ピーク時の雪の状況です。
久々に川向かいの山の姿が見えなくなりました。
この後、お昼までに雪は溶けれしまったのですが、
翌日の15日、そして翌週の週末と雪は降り、
冬らしい、幻想的な雪景色に湯郷温泉が包まれる事となりました。

 

例年にも増して 冬!を感じた1月でございましたが、
月末にもご案内した通り、2月は16日から春のお料理がスタートいたします。
彩りも春らしく華やかに!
料理長・西本が腕をふるった自信作『瀬戸の春魚と美作山菜の旬菜焼き』を中心に
春の味覚満載の会席コースでおもてなしいたします☆

春料理のご紹介はコチラ
http://www.kifunosato.com/news/1489

 

1月もたくさんの方に足をお運びいただきました。
本当にありがとうございます!
改めまして、2月以降、本年も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

季譜の里 スタッフ一同

 

 

2017.01.11  季譜の里だより

師走もあっという間に過ぎ、2017年を迎えました。
皆様におかれましては、良い新年をお迎えになられましたでしょうか。
花開く山茶花(サザンカ)の姿に冬の訪れを感じた12月。
写真とともにその一ヶ月を振り返りたいと思います。

 

今年は昨年に比べて暖かい日が続きましたが、
初旬にはグッ〜っと冷え込む寒さもやってきました。
いつもは元気に中庭の池を泳ぐ金魚も、この時ばかりは水中で硬直(苦笑)。
魚は水温が冷たいと動きが鈍くなりますので、
館内から見ていてもその寒さが伝わってくるようです…。
紅葉から枯色に変わる落ち葉にも肌寒さを感じました。

 

そして12/13〜14にかけては館内メンテナンスの為休館も頂戴いたしました。
毎年年末には、一年間多くの方にご利用いただいた客室、ロビーなど、
館内の至る所をチェックし修繕を行います。
それも来る新年を気持ち良く季譜の里でお過ごしいただく為。
この度も全室の障子紙の貼り替えをはじめ、普段できない箇所の清掃なども行いました。

また、休館に合わせてスタッフの研修も実施。
常日頃からの言葉遣い、立ち振る舞いからひとつひとつ見直し、
初心に帰っておもてなしの心を再確認しました。

ご来館の際、おもてなしに関しましてお気付きの点などございましたら、
是非お気軽にお申し付けください!

 

休館明けの月半ばは再び寒い日が続きました。
日中晴れていても最高気温5℃(!)。
普段雪の降らない湯郷温泉では、あまり感じない冷え込みでした。
あたたかそうな陽に照らされる紅葉、その上に広がる青空からは想像出来ない気温で、
なんだか少し面白い体験をしたかのようでした。

 

クリスマス前はあいにくのお天気に。
しかし天気が悪くなると気温が高くなるという不思議な日でした(笑)。
こちらは毎朝のお見送りの風景ですが、暑かったのかスタッフも腕をまくっています。

ご来館いただいた皆様におかれましては、
お足元の悪い中、本当にありがとうございました。

 

クリスマスといえば、季譜の里ではいつも表にツリーを飾らせていただきます。
純和風旅館にある、クリスマスツリー。
何だかちょ〜っと違和感を覚えそうですが、その佇まいが中々可愛らしいんです。
館内や中庭は自然の木々でいっぱいですので、
人工的なツリーは異質なアート作品のようにも思えます。
ちょっと良く言い過ぎでしょうか(汗)

 

しかし、季譜の里の見どころと言えば、やはり中庭と76箇所にある生け花。
特に葉が落ちきる前の冬の中庭はとても綺麗です。
他の季節に比べて陽が低いので、その陰影はもちろん、
暖かみのある光に彩られたその姿は、ハッと息を飲むものがあります。

 

そして生け花ですが、実は年の瀬には一つ増えて77箇所になります。
それは、門松が玄関先に作られる為。
生け花担当の黒田先生が、毎年自作してくださいます。

 

その材料はすべて近隣の里山、お庭の枝葉と草花。
館内の生け花同様、湯郷周辺の自然がぎっしり詰まった門松です☆
スタッフも少しお手伝いさせていただき、今年も立派なものが出来上がりました!

 

大晦日前には、12月に初めて見る雪。
少しパラついた程度で止んでしまいましたが、遅れてくる冬の風物詩を
「今年も年が暮れるなぁ」と染み染み感じながら眺めていました。

 

生け花では紅梅、白梅の花を咲かせて新年のおもてなし準備万端です。
「えっ、この年末に梅の花?」と、時期的に早く感じられると思いますが、
今年は梅の枝を暖かい場所で寝かし、ちょっと早めに咲いてもらいました(笑)
お陰様で年の暮れは紅白のおめでたい彩りとなりました☆

 

12月も本当に多くの方々にご愛顧いただきました!
1月、そして2017年も皆様のお越しを心よりお待ちしております☆

(接客係:日笠、フロント:アイス)

 

 

2016.12.03  季譜の里だより

15110365_1432332173444047_3921681227435201231_o

11月も足早に過ぎ、今年も師走になりました。
この秋は暖かさが続き、なかなか季節の深まりを感じにくい日も続きましたが、
それでも里山はその色づきで四季のうつろいを知らせてくれました。
写真でこの11月を振り返りたいと思います。

 

14940162_1416833028327295_6281033312590336228_o-1

7日からはいよいよ冬のお料理がスタート☆
待ちに待った ‘カニ’ の季節です!
季譜の里では今年もずわい蟹の炭火焼きをご用意いたしました。

網にのせ、その身がプクっと膨れ上がったなら食べ頃のサイン。
香ばしさもお食事処いっぱいに広がります。
目と香りで冬の味覚を楽しめるのがこちらの醍醐味♪
あたたかい炭火も冬らしさ満点です。

 

15003196_1418363064840958_3172840800905512045_o

それに伴いスタッフ一同での試食勉強会も行いました。
接客係はもちろん、フロントスタッフも参加!
それもしっかりお料理の内容を把握し、
お問い合わせ時に最良のご提案をさせていただく為です。

カニの剥き方はもちろん、お肉の焼き方、お鍋の頃合いの火加減など、
様々な内容を学ばせていただきました。
お越しの際は是非、係にカニの剥き方をお尋ねください。
目からうろこの技をご案内させていただきます☆

 

15000792_1421193177891280_2101831864662679916_o

中旬からは館内のお花も秋から冬の装いへ。
生け花担当の黒田先生が持ってきてくださる花材の彩りも変わります。
赤い南天の実と枯色の葉を見かけ出したら、
「今年も冬が近づいてきましたねぇ」と、先生と会話をするのも11月の風物詩。

 

15069036_1432332130110718_4817682296885574674_o

玄関の生け花では、見頃ギリギリまで紅葉を楽しめる演出も。
古木などを扱ったお花(もはや造形作品!?)は皆様にも大変ご好評いただきました。
ありがとうございます。

 

15110477_1426403724036892_4837802814561966983_o

来シーズン用にお料理の撮影も行いました。
旅館では食材のしっかり揃っている時期に、
予め来年お出しするお料理のイメージ写真を撮影いたします。

撮影は、いつも季譜の里の会席コースを素敵に撮ってくださる ‘べあもん’ さん。
ちょっと面白い名前の撮影チームですが…
ネーミングの由来は実はクマ(Bear)と猿(monkey) !
クマさんと、お猿さんの二人組で撮影してくださいます(言われてみれば、そっくり…笑)。
因みに上の画像でお料理を並べているのは、自称 ‘写真撮る熊’ こと加賀さんです!

お料理の内容は今回ほどんど変わりがないので、
撮影画像は近いうちにご披露出来ると思います。
お楽しみに!

 

15068314_1430116063665658_2065165554669953093_o

そして、20日からは『冬の贅沢とらふぐフルコース会席』の開始☆
てっさ、てっちり、焼き白子にふぐ雑炊!などなど
ふぐを丸々余すところなくお楽しみいただけるコースです!
是非、この機会にどうぞ!

 

15168873_1439310826079515_2854330821075019966_o

さらに!
12月からは湯郷の味覚を堪能できる『シシの味噌しゃぶジビエ鍋会席』もスタートです!
新鮮な食材を届けてくださるのは、地元の里山を知り尽くしたエキスパート ‘あつたや’ さん。
幼い頃からの英才教育を経て培った野生の勘は伊達じゃありません!
薬を全く使わない ‘蜂追い’ の伝統技法で、ススメバチの駆除でも活躍されています。
地消地産料理を得意とする料理長:西本が腕をふるってお出しいたします!

 

dsc_1464

12月も皆様のお越しを心よりお待ちしております☆
(接客係:啓太)

 

 

 

 

 

 

 

2016.11.01  季譜の里だより

1

10月もたくさんの方に足をお運びいただきました。
例年よりも暖かかった一ヶ月。秋らしさは少し希薄でしたが、
日中は過ごし易い日が続きました。
写真でこの10月を振り返りたいと思います。

 

 

2

初旬は台風の心配から始まりました。
九州から西日本にかけて、縦断するルートが予想されていた為、
大荒れの天気を覚悟しておりましたが、湯郷温泉は少し強い風が吹くのに止まりました。
台風が過ぎた夜は静かで、スタッフ一同ほっと胸を撫でおろしていました。

 

 

3

週末の連休は好天に恵まれ、足をお運びいただいた皆様には
気持ちの良い休日をお過ごしいただけた事とお察しします。
チェックイン、アウト時は畳敷きのロビーも賑わいを見せていました。

 

 

4

こちらはお部屋の点検中に目に入ったお花。
館内の生け花は私達スタッフにも安らぎを与えてくれています。

 

 

4-3dsc_1315

10月も半ばを過ぎると少し朝晩は冷え込む様になりました。
そうなってくると日中の陽が恋しくなってきます。
窓から入り込む光にも思わず目がいきました。

 

 

6

中庭の木々も少しずつ秋を感じる装いに。
本格的な秋の訪れはもうすぐです!

 

 

14681084_1453048968043980_1950575115723443752_o

そして、月の後半は21日に発生しました鳥取県中部地震。
震源近くの倉吉市、湯梨浜町、北栄町では震度6弱を記録し、
湯郷温泉でも震度4の揺れとなりました。

余震など不安な夜を過ごしましたが、一夜明けてご滞在の皆様には
無事にご出発いただく事が出来ました。

改めまして、被災された皆様には心からお見舞い申し上げると共に、
一日でも早い復興をお祈りいたします。

 

 

9

さて、11月からはいよいよ湯郷の雲海も本格的なシーズンに入ります!
先日27日も写真の様な見事な眺めをお楽しみいただけました。
今月も引き続き雲海バスにてご案内いたします。
皆様のお越しを心よりお待ちしております☆