0868-72-1523

季譜の里 季譜の里

ホーム > コンセプト

コンセプトは「花を楽しむ、なごみの宿」

  • 季節の花を楽しむ湯郷温泉旅館 季譜の里
  • 季節の花を楽しむ湯郷温泉旅館 季譜の里
  • 季節の花を楽しむ湯郷温泉旅館 季譜の里
  • 季節の花を楽しむ湯郷温泉旅館 季譜の里
  • 季節の花を楽しむ湯郷温泉旅館 季譜の里
  • 季節の花を楽しむ湯郷温泉旅館 季譜の里
  • 季節の花を楽しむ湯郷温泉旅館 季譜の里

野に咲く季節の花々に
感動し、自然にとけ込み
なごみ癒される

日本人としての古来からの贅沢がここにある。それはわたしたちが自然に還ること。私たちが自然からエネルギーを頂くこと。

季譜の里とは、季節が音楽の譜面のように巡り流れる様子をとらえ示した名だ。ここでは四季の自然が感じられる。自然から生まれた季節を彩る里の友たちが沢山在る。

この宿では、それらの自然に溶け込み、なごみ癒され元気になれる。

季節の花ギャラリー


地域とともにある宿に

湯郷温泉『季譜の里』は地域とともに歩む旅館として、岡山県の美作地域で作られる地場産の食材や手工業品を館内に積極的に取り入れることで、循環型社会の担い手の一つとなれるよう、地域の取り組みを応援しています。
他の地域では味わえない美作の味やくつろぎの時間を提供することで、この美作地域全体の価値を見直すきっかけとなる宿を目指しています。

8300枚の棚田再生 上山集楽

湯郷温泉から車で20分ほどに位置する上山地域は8300枚の棚田が山の斜面に広がる里山です。しかし、近年はその多くが耕作放棄地となってしまっていました。そこに2007年に英田上山棚田団が生まれ棚田再生事業が始りました。
その取り組みとして、ここで作られた無肥料無農薬・天日干しのお米の販売や、そのお米で作られるお酒や玄米コーヒーなどの商品開発、農林業体験やツリーイング、棚田を使ったコンサートなどのイベントの開催など新しいコンテンツを提供し、今では日本を代表する山村地域となっています。
季譜の里でもここで取れたお米を使ったビールや日本酒をお食事処、館内ショップで販売も行っています。

上山メリーショップはこちら >

100年の森林構想 西粟倉村

この辺り地域には戦後に植えられた杉・檜の人工林が多く、近年では林業の衰退から山の荒廃が社会問題となっています。50年前に植えられた木を活かし、美しい森を復活させようと取り組んでいる西粟倉村が2008年に掲げたのが「百年の森林構想」。村が放置されている森を所有者から預かって責任をもって管理していく事業や、若者が村に眠っている可能性を発掘しベンチャー企業を立ち上げる事業です。
季譜の里には100年の森林から切り出した間伐材を使用して作られた商品の数々が並んでいます。

ニシアワーwebサイトはこちら >

地元プロ女子サッカーチーム湯郷Belle

なでしこリーグで活躍する女子サッカーチーム『湯郷Belle』の宮間あや選手がプロになる前に働いていたのが季譜の里です。当時から宮間選手を知っている女将は「宮間選手はどんな仕事も手を抜かないで一生懸命する子だった」と言います。
Wカップで金メダルを取った時のコメント「早く湯郷に帰って温泉に入りたいです」は湯郷の名前を全国に知らしめ美作市民は感動で涙した彼女のおもいやりある人格がよく分かる出来事でした。

湯郷BelleのHPはこちら >